【危険?】ジャガーのキャットフードを愛猫2匹に試した口コミ

キャットフード博士
ここではジャガーキャットフードの口コミ・評判とレビューをまとめました。
ジャガーキャットフードは「動物性たんぱく質を80%以上使用」した贅沢なキャットフードです。
もちろん全ての原材料がヒューマングレードでグレインフリーで作られています。

ジャガーキャットフードが気になっている方は参考にしてみて下さい。

加奈子
博士の家にいる18歳と5歳の子にあげて、食いつきやその後の変化なんかをレビューにまとめてくれてあるわ。
小太郎
美味そうだにゃー!
加奈子ちゃん、僕もジャガー食べてみたいにゃ!

 

 

ジャガーキャットフードの評価

総合評価 Sランク
原材料 ★★★★★
安全性 ★★★★★
コスパ ★★★★☆
バランス ★★★★★
粒の大きさ 普通
容量/価格(定価) 1.5㎏/4,280円(定期割引あり)
1㎏あたりの価格 2,853円
メイン食材 ◎(骨抜きチキン生肉)
酸化防止剤 ◎(ミックストコフェロール)
着色料・保存料 ◎(不使用)
グレインフリー(穀物不使用) ◎(完全な穀物不使用)
炭水化物の割合 ◎(超低炭水化物の21%)
たんぱく質と脂質のバランス ◎(2:1でバランスが良い)
カロリー(100g辺り) 383.5㎉
原産国 イギリス
ライフステージ 全ライフステージ対応(生後2カ月~)
賞味期限 未開封:製造から12カ月

開封後:約1月

キャットフード博士
ジャガーキャットフードは100点満点でSランクのキャットフードという結果になりました。カナガンやシンプリーよりも割高ですが、その分肉や魚の使用量が増えて高たんぱくになっているので食いつきにも期待が持てます。

1袋で320円割高なので1日45g食べるとすると、1日辺り約10円で肉や魚の使用量が多い贅沢なキャットフードを食べられる計算になります。なので、価格としては高いんですがコスパは良いと判断しました。

 

  • 減点項目:なし

 

ジャガーキャットフードを購入!2匹の猫に試してみました!

注文していたジャガーキャットフードが届きました。1.5㎏で4,280円と、カナガンやシンプリーキャットフードよりもちょっと割高なんですよね。まぁ、カナガンもシンプリーも「動物性たんぱく質は70%以上」なので、80%以上使用しているジャガーが割高なのは致し方ないですがやはり家計を預かる身としては痛い出費です。

 

定期の10%引きで購入しても1袋あたり288円の差が出ますからね。まして我が家は2匹いるので結構結構大きい差です。カナガンやシンプリーと比べると1年で約3千円~5千円くらいの差が出ますからね、では次にどんな材料を使っているのか見てみましょう。

 

ジャガーには袋にジッパーが付いています。ファインペッツやジップロックのようなタイプではなく、 閉め忘れ(閉めた気になっていて実は開いていた)が少ないタイプのジッパー でかなり楽です!ただ、他の画像を見てもらうと分かるんですが、妹猫に袋をかじられて穴が空いてしまったので保存方法を考えなきゃいけなくなりました…。

 

ジャガーキャットフードは小さいドーナツのような形をしています。ケロッグからこんなシリアルが出ていましたよね。ただ、ニオイは全然違います!個人的にはけっこう魚のニオイが強いなと感じました。ただ、やっぱりチキンの使用量も多いのでしっかりとチキンが渇いたニオイもします。

 

けっこう香りが強いのでうちの子達の食いつきも良さそうです!小さくて黄色い粒は尿結石になり易い姉猫の為のメディファスです。こうやって比べると粒が大きいような感じがしますね。その分しっかり噛んで食べてくれそうなのでさっそく与えてみます。

 

いきなり切り替えると下痢をしたりするので初日は少量を味見程度にしました。姉猫は最近すっかり食欲が落ちてしまってやせ細ってきていたんですが、かなり勢いよく食べていました。やはり香りが強いので嗜好性も高いみたいですね、まだ欲しがっていましたが、とりあえず姉猫の初日はこれで終わりです。

 

姉猫が食べている最中、ずっと横取りしようとしていた妹猫にもあげてみました。もともと妹猫は口に入るものならなんでも食べるような感じで、姉猫が食べているご飯を横取りしたりするほど食欲がある子なので問題なく食べています。

 

ジャガーキャットフード1日目の感想

袋は届いた日に穴を開けられてしまったので内側からガムテープを張って応急処置しました 笑。ジャガーをあげ初めて1週間経ったんですが最近は妹猫が姉猫の分を横取りすることが少なくなってきたように思います。以前は姉猫が食べている音を聞きつけてやってきては姉猫を押しのけて食べていました。

 

ジャガーは動物性たんぱく質の割合が高い割にはカロリーはそれほど高くないんですが、やはり消化が良いのか?腹持ちが良いのか?以前のような食に対する執着心のようなものが無くなってきた気がします。ただ、好きではないということではなく、食べる時はしっかり食べています。

 

もしかしたら姉猫の方はメディファスを多めに混ぜているので単純に自分の方がジャガーがたくさん入っていてニオイも強く美味しいだけなのかもしれません。

 

ジャガーキャットフード1週間目の感想

姉猫はジャガーを混ぜるようになってから明らかに食欲が増しました!一応、画像の上の方に妹猫が見えますが、やはり以前のように姉猫をどかして食べるといったことはしませんでした。(さっき自分の分を食べていたのもあるかも)以前と比べると量的にはそれほど変わらないんですが、ガッつくように食べています。

 

メディファスがメインの時は「あ~、またこれね」といった感じだったのでジャガーを美味しそうに食べているように見えて私も嬉しくなってきました。流石に1週間程度では体つきの変化を感じることはありませんが、食べることに対して楽しい・美味しいという感覚を取り戻してくれたような気がします。

 

ジャガーキャットフード2週間目の感想

ジャガー2週間目です。驚いたのは姉猫が本当に美味しそうに食べていることです。メディファスがメインだった頃は妹猫に横取りされてもされるがままだったんですが、最近は食事中に妹猫が寄ってくると威嚇しています…。姉猫はよほどジャガーが気に入ったみたいですね。

 

本当は姉猫にもジャガーだけをあげたいんですが、以前尿結石を患ったことがあるので怖くて完全にジャガーだけにできないんですよね。でも動物性たんぱく質が80%以上でとても高たんぱくですし、尿結石の予防効果がある「メチオニン」は肉や魚に豊富に含まれています。

 

また、クランベリーも使っているので大丈夫なんじゃないかな?とも思うんですが、できたら「メチオニン」の量を分析して公表して欲しいところですね。今のところメディファスを混ぜているお陰もあるのか姉猫の結石は再発していませんし、妹猫も変わらずバクバク食べています。

 

 

 

ジャガーキャットフードを試してみた人の評判・口コミ一覧

アマゾン・楽天・ツイッターからジャガーのキャットフードに対する良い評判・中立な口コミ・悪い評判などを集めました。

 

ジャガーキャットフードを試した人の悪い評判・口コミ

ネットの評判に疑問

3ヶ月の子猫に栄養価が高く安心して食べられるキャットフードを探してました。
こちらの商品はネットなどのレビューで評価が高く期待していたのですが、うちの猫には食いつきが悪かったです。
慣れないご飯だから食い付きが悪いのかなー と思い元々食べさせていたロイヤルカナンに少し混ぜて一週間程様子を見てましたが、日に日に痩せていったので心配で元のキャットフードに戻してしまいました。
高いお金を支払って購入したので余計にガッカリです。

ネットでの評価が高かったのが信じられないくらいです。
うちの猫だけでしょうか?

栄養価が高くて質の良いものなのかもしれませんが、猫が食べてくれないなら意味ないですね…
残念です。

参照:amazon

ダメでした。

ダメでした。最初は美味しそうに食べてましたが、だんだんイヤイヤ仕方なく食べてましたが、ひどい下痢になり、うちの子には合いませんでした。結局、捨ててしまいました。

参照:amazon

 

ジャガーキャットフードを試した人の中立な口コミ・評判

可もなく不可もなく

食欲がなく痩せ気味の愛猫(1歳半年2.6キロ/シャム雌)を心配しての購入。
他サイトですが太ってしまって困るなどのレビューを確認しましたので、
我が家の猫にぴったりじゃないかと思いました。
(ちなみに今まではサイエンスダイエットを与えていました)
袋の高級感や天然素材のような表記で人間的には安心感があります。

しかし猫の結果は、2ヶ月連続して朝夕で20~30グラム食べさせていますが、食欲に変化はなし。
ファーストインプレッションも完食せず、渋い模様です。
(食事移行も行いながら与えましたが、完全移行後も少し残します。)
体重も同じままです。

飼育方法に問題があるのか等、主治医と相談しながら生活していますが、
なかなか解決に至らずです。
割高感や事前に調べた情報からも期待していたので残念です。

野良猫に与えてもぐいぐい食べるので、
うちの猫の口にあわなかったのかなと思っています。

参考:amazon

 

ジャガーキャットフードを試した人の良い口コミ・評判

商品としてはとても良いです

1袋だけ、送料も込み、早く届くということで、割高ですが試しのためにこちらで購入しました。5か月の子猫に与えました。今までのキトン用のドライフードに比べて粒が大きいので心配しましたが、問題なく食しました。うっかり注文が遅れ、1日だけ以前のフードを急遽購入し与えましたら、食したものの3食連続で吐きました。もう、別のフードは受け付けなくなるくらい、ジャガーを気に入ったようです。えさの香りはやや強いですが、不純物的な臭さではないので、私はそれほど嫌ではありません。定価でも良いのでアマゾンプライムで購入できればベターです。

参照:amazon

飼い主も愛猫も気に入っています

6歳♂と11ヶ月♂を飼っています。
11ヶ月♂を家に迎え入れたとき、耳ダニと真菌症を抱えてやってきました。
ペットショップからのお迎えだったので、そんなものを持っているとは予想しておらず、先住である6歳♂に真菌を移してしまいました。
しかし、真菌が移るのは、免疫力が低下しているからだとかかりつけの獣医さんに言われ、免疫力をアップさせる目的で、こちらのフードを試してみました。
すると(真菌の塗り薬も使っていたので、フードの力だけではありませんが)6歳♂の真菌がしっかり完治しただけでなく、11ヶ月の子のひどかった目やにも、かなり軽減。
また、これまで6歳♂は便秘気味でしたが、それも完全に解消して、健康的な便が毎日出ています。
ただ、こちらの商品はフードの公式サイトから購入したのですが、そのときに一緒に送られてきた『ブランドガイド』と書かれている小冊子には、原材料だけでなく、成分分析値もしっかりと掲載されていたのですが、それによる、マグネシウムが0.12%。
ちょっと高めの数値が気になったので、かかりつけの獣医さんに分析表を持って行って聞いてみたら、マグネシウムだけでなくリンとの兼ね合いが大切で、リンは1.58%のため、バランスは良いので、心配はいりませんと答えていただけました。
そのときに原材料も見てもらったのですが、よく考えられていますね、とお墨付きをいただけたので、これからも安心して、愛ネコたちに与えることが出来そうです。
愛ネコたちの食べも悪くないので、星五つです。

参照:amazon

 

ジャガーキャットフードの原材料と成分

ここからはレビューしたカナガンキャットフードの原材料と成分を調べ、問題点や特徴をまとめました。

 

ジャガーキャットフードの原材料

骨抜きチキン生肉、鴨生肉、乾燥チキン、乾燥鴨肉、生サーモン、生マス、じゃがいも、卵、サツマイモ、豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、アルファルファ、豆食物繊維、サーモンオイル、ミネラル、ビタミン、クランベリー、マルベリー、ブルーベリー、リンゴ、トマト、オレンジ、梨、にんじん、ほうれん草、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮人参、緑茶、生姜、プロバイオティックス

キャットフード博士
ジャガーキャットフードは「チキン」・「鴨」・「サーモン」・「マス」と色々な種類のたんぱく質を使用しています。この中にアレルギーを持っている子は食べられませんが、いろんなたんぱく源をバランス良く使っているので単一たんぱく質のキャットフードに比べてアレルギーを発症するリスクは低いです。

動物性たんぱく源の割合が80%以上というのは同じグレインフリーのキャットフードでもカナガンやシンプリーよりも肉や魚の使用量が多いということになります。非常に贅沢な作りにはなっていますが、その分カナガンやシンプリーと比べると値段も上がってしまっているのが残念なポイントです。

また、穀物不使用なので穀物を使った一般的なキャットフードと比べるとGI値が低く、血糖値も上がりにくいので糖尿病予防にもなります。肥満体系な子は糖尿病を好発するので少し体系が気になる子にもおすすめできるキャットフードです。

 

ジャガーキャットフードの保証成分

粗たんぱく質40.0%以上、脂肪20.0%以上、粗灰分9.0%、水分7.0%、粗繊維3.0%以下、オメガ6脂肪酸3.0%、オメガ3脂肪酸1.4%、ナトリウム0.6㎎、リン1.58%、マグネシウム0.12%、カリウム0.95㎎、カルシウム1.7%、タウリン2.000㎎、ビタミンA26.000IU/㎏、ビタミンD3300㎎/㎏、カロリー:384kcal/100g
※表記にない項目はメーカーに確認済

キャットフード博士
ジャガーキャットフードはたんぱく質が40%・脂質が20%と超高たんぱく・高脂質なつくりになっています。カナガンやシンプリーよりもたんぱく質が高く、多くの栄養を必要とする子猫から、消化・吸収能力が落ちるシニアまでおすすめできるキャットフードです。

お肉とお魚の使用量が多い分、ミネラル分が多いです。尿路結石は再発率の高い病気なので以前患ったことがある子にあげる際は定期健診を受けるなど、注意が必要です。

また、たんぱく質もかなり高いので腎臓の数値が悪い子にはおすすめできません。ですが、健康な子には積極的におすすめしたいフードです。

 

ジャガーキャットフードの価格を公式・楽天・amazonで比較

公式サイト 楽天市場 amazon
     
都度購入1袋 4,280円 なし 5,313円
都度購入2袋 8,560円 なし なし
1袋定期購入 3,852円 なし  なし
2袋定期購入 6,420円 なし なし
送料 3袋以上で無料※ なし 無料

※1万円未満は全国一律640円

 

ジャガーのキャットフードは公式サイトの他、アマゾンでも購入が可能でした。ただ、値段に千円以上の差があります。送料を考えても公式サイトの方が断然お得に購入できますね。また、公式サイトだと定期コースによる割引もあるのでさらにお得に購入することができます。

 

最大は2万円以上で20%OFFですが、ちょっと難しいですよね。実際に使えそうなのは「1万円以上(3袋)で送料無料」+「7千円以上で15%OFF」ですね。これを利用すれば通常価格よりも2,566円もお得に購入することができます。定期コースといっても「休止」・「再開」や「周期を早める・遅らす」といった調整もできるので自由度が高いです。

 

また、送料に関しては1万円以上になればカナガンやシンプリーと同根もして貰えるので「1度まとめて全部試してみる」ということもできます。なのでキャットフードは定期的にローテーションしながら与えたいという方にも便利です。

 

 

ジャガーキャットフード購入前によくある質問FAQまとめ

ここからはジャガーキャットフードを買うか迷っている方からよく頂く質問をまとめました。あなたが気になっている内容も含まれているかもしれないので目を通してみて下さい。

 

ジャガーキャットフードのマグネシウムの値は!?

 ジャガーキャットフードのマグネシウム値はレティシアンに確認したところ0.12% です。これはカナガン(0.09%)やと比べるとやや高めになっていますね。因みにシンプリーも0.13%と高めになっています。

 

ジャガーキャットフードは肉や魚を80%以上使っているので、肉や魚に多く含まれる「メチオニン」という尿結石を予防する成分が豊富に含まれているはずです。できればレティシアンにはメチオニンの含有量を公表して欲しいですね。

 

でないと、マグネシウムの値が高くて尿結石を患った事がある子にはオススメできません。尿結石は再発率が高いのでもし一度でも尿結石を患ったことがあるならジャガーキャットフードは止めておいた方が良いでしょう。

 

ジャガーキャットフードって子猫にあげてもいいの?

ジャガーキャットフードは「全年齢対応」のキャットフードです。ただ、「12 ジャガーキャットフードの給餌量ってどれくらい?」でもまとめたように、「子猫は生後2ヵ月から」になっています。「8 2カ月~8か月の猫の育て方・飼い方」でもまとめましたが、当サイトとしては完全にドライフードであげるのは5ヵ月以降を推奨しています。

 

生後5か月(永久歯に生え変わるタイミング)まではできればぬるま湯でふやかしてあげた方が、永久歯もキレイに生えてきますし、やや大きめなのでぬるま湯でふやかしてあげた方が子猫にとっても食べやすくなります。

 

ジャガーキャットフードって「カロリー」高くない?

ジャガーキャットフードんぼカロリーは384㎉/100gです。カナガン(390㎉)やシンプリー(380㎉)と比べてもそんなに差はありません。子猫を含む全年齢に対応しているので、市販の成猫用フードと比べるとカロリーが高いと感じるかもしれませんね。(だいたい成猫用って360㎉くらいです)

 

ただ、忘れちゃいけないのが原材料です。「成猫用フード」でも「ダイエットフード」でもなんでも良いです。今手元にあるキャットフードの原材料をチェックしてみて下さい。トウモロコシや大豆・小麦・米などが使われていませんか?こういった穀物は糖の吸収が早い(GI値が高い)んです。

 

糖の吸収が早いとどうなるかというと、糖尿病になり易かったり太り易かったりするんです。最近のキャットフードはグレインフリー(穀物不使用)が増えてきています。「穀物アレルギーの予防に」と紹介されることが多いんですが、当サイトとしてはグレインフリーキャットフードのGI値に注目しています。

 

猫も人と同じように糖尿病にかかりますし、好発因子も「肥満」や「6歳以上(中年)」などが明らかになってきています。尿結石も痛みを伴うので避けたい病気ですが、今まで尿結石になったことが無いのであれば必要以上に心配する必要はありません。カロリーばかりにこだわらず、ジャガー以外も含めた 太りにくく糖尿病にもなり難いグレインフリーのキャットフードを選んであげて下さい。 

 

ジャガーキャットフードの給餌量と1日の餌代はどれくらい?

子猫の給餌量 成猫の給餌量
月齢 1日の量(g) 体重(㎏) 1日の量(g)
~2カ月 25~40 ~2.5 30~40
2~3ヵ月 40~50 2.5~3.5 40~50
3~4か月 50~55 3.5~5 50~55
4~6ヵ月 55~60 5~6.5 55~60
6~10ヵ月 60~80 6.5~8 65~70
10~12ヵ月 80~110 8~10 70~80
  • 1500g÷45g=33日分
  • 4,280円÷33日=129円/日

 

上記はジャガーキャットフードを体重3㎏の子に与える時にかかる1日の餌代です。定価で計算していますが、定期価格などもあるので実際にはもう少し安く済むはずです。ですが、市販のキャットフードのように大袋やブリーダーパックが無いので多頭飼いの方にはメリットが少ないフードと言えます。

 

メーカーの給餌量は完全室内飼いなのか?避妊・去勢手術はしているのか?などの条件によっても変わってきます。給餌量を目安にあげてみてBCS(ボディ・コンディション・スコア)を参考にし、1日の給餌量を調整するのが正しい与え方です。

 

ジャガーキャットフードの販売会社情報

販売会社名 株式会社レティシアン
住所 東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン20F
生産国 イギリス
工場 食品安全先進国(オランダ)の工場
価格 1.5㎏ 4,280円(定期コースでの割引あり)
返品・交換 良品の返品は未開封に限り商品到着後8日以内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です