おすすめのグルテンフリーキャットフードと選び方のポイント3つ

キャットフード博士
ここではおすすめのグルテンフリーキャットフードと選び方についてご紹介しますね。
加奈子
それなら私も聞いたことあるわ!
穀物を使っていないことを「グルテンフリー」って言うのよね!?
小太郎
加奈子ちゃんが言ってるのは「グレインフリー」だにゃ。
グルテンっていうのは小麦に含まれるたんぱく質のことで、麦系の穀物を使っていないことを「グルテンフリー」って言うにゃ!
確かに間違えやすい部分でもあるからちょっとおさらいするにゃ!

 

【グルテンフリー】のキャットフードを選ぶうえで外せない3つの条件

ここでは【グルテンフリー】のキャットフードを選ぶ際の基準となるポイントを3つに絞ってご紹介します。国産で全ての条件をクリアするフードは少ないので、一つでも条件を多く満たせるフードを選んであげると良いでしょう。

 

グルテンフリーキャットフードを選ぶ時は「麦系が含まれていないものを選ぶ」

  • 「麦系」不使用=〇
  • 「小麦」不使用=△
  • 小麦使用=×

 

基本的にはグルテンを含んでいるのは小麦のみですが、他の麦系材料も小麦の花粉を受粉することでグルテンと似た構造のたんぱく質になり、それに体が反応してしまうケースもあるので「小麦不使用」だけでは少し心配です。

 

小麦以外でキャットフードに良く使われる麦系材料としては「オーツ麦・オートミール・ライ麦・燕麦・大麦」などが挙げられます。オートミールは燕麦の加工品で、燕麦をオート麦と呼ぶこともあります。

 

上記のように加工状態によって呼び名が変わったりもするので、原材料に知らない名称が書かれていたら調べてみるのが良いでしょう。「植物性たんぱく質」もたんぱく源が不明の為、NGとします。

 

グルテンフリーキャットフードを選ぶ時は「グレインフリー(穀物不使用)」を選ぶ

人間においても「グルテン過敏症」の検査は困難です。小麦アレルギーなら精度の問題もありますが、血液検査ですぐに分かります。また、グルテンアレルギーはまだ人間に対しても認知されていないので、獣医がどこまで知識を持っているかも分かりません。

 

飼い主や獣医がグルテン過敏症だと思っていたら、実はトウモロコシや大豆に対する穀物アレルギーだったというパターンも否定はできません。思い切って グレインフリーを選択してみる のも良いでしょう。

 

グレインフリーに厳密な規格や決まりはありませんが、ここ記事ではグルテンフリーを求めるデリケートな子の為に、麦系・トウモロコシ・大豆・米の不使用をグレインフリー(穀物不使用)としています。

 

グルテンフリーキャットフードを選ぶ時は「低炭水化物」を選ぶ

  • 30%以下=〇
  • 30%~40%=△
  • 40%以上=×

 

炭水化物は(100-たんぱく質-脂質-繊維質-灰分-水分)で求められます。基本的にはグレインフリーだと肉や魚の使用量が増えるので炭水化物の割合は低くなります。ですが中には米やジャガイモなどの使用量が多く、炭水化物の割合が高いものがあります。

 

「炭水化物=糖質」であり、猫を太りやすくする栄養素でもあります。一般的に脂質やカロリーに目が向いてしまいますが、炭水化物の割合を落とした方が血糖値が上がりにくく肥満や糖尿病を回避するのに向いています。

 

【グルテンフリー】のキャットフードを徹底比較!

メーカー名 麦系※ グレインフリー 炭水化物
モグニャン
カナガン
シンプリー
ファインペッツ ×
ねこはぐ × × ×
ジャガー
 ファーストチョイス ×
ロイヤルカナン × × ×
サイエンスダイエット × ×
ナチュラルチョイス
メディファス ×
 アイムス × ×
ピュリナワン ×
 ナチュラルバランス × ×
アーテミス × ×
カントリーロード × ×
シーバ × ×
セレクトバランス ×
コンボ × × ×
ソリッドゴールド × ×
フリスキー × ×
キャラットミックス × × ×
銀のスプーン × ×
ねこ元気 × ×
ミオ × × ×
カルカン × ×
ビューティープロ × ×
モンプチ × ×
懐石 × ×
オリジン
ブルーバッファロー × ×
アズミラ × ×
ドクターズケア × ×
JPスタイル × ×
ドクターズダイエット × ×
アカナ

※原材料に麦系が含まれていないだけで、他の商品を製造する際に麦系を使用している可能性があるものも含まれています。

 

【グルテンフリー】のキャットフードのおすすめランキング

モグニャンキャットフード

グルテン&グレインフリーを半額で試せる!

モグニャンキャットフードは他のランクインしたキャットフードと比べるとやや炭水化物が高めです。ですが、せっかく良いフードが見つかっても食べてくれるか分かりません。そこでキャットフード博士限定で初回購入価格が半額になるキャンペーンを実施中です。この機会にぜひグルテン&グレインフリーで安全なモグニャンキャットフードを試してみて下さい。

価格 【通常価格】3,960円/1.5㎏
【キャットフード博士限定】初回購入価格が50%OFF
総合評価
備考 麦系不使用/米を含む完全なグレインフリー/人口添加物不使用/白身魚がメイン
1㎏あたりの価格 麦系食材 穀物不使用
2,640円(初回は1,320円) 不使用 米を含む穀物不使用
炭水化物の割合 酸化防止剤 着色料
38% ミックストコフェロール(ビタミンE) 不使用
保存料 香料 ライフステージ
不使用 不使用 全ライフステージ対応

モグニャンはグルテンフリーを求めるデリケートな子でも安心して食べられるグルテンフリー&グレインフリーのキャットフードです。当サイト限定ではありますが、初回の購入価格が半額になるキャンペーンがあるので、1袋(1.5㎏)をしっかり最期まで試せます。「定価で買ったのに途中で飽きて食べなくなった」という声にも応えられる値段になっています。

 

カナガンキャットフード

小麦や穀物の心配は不要で超低炭水化物!

カナガンキャットフードはグルテンフリー&完全なグレインフリーなだけでなく、チキンを全体の60%以上使用した高たんぱくなキャットフードです。高たんぱく&高脂質なので炭水化物は19.21%と低く、体重が気になる子にもおすすめできるキャットフードになっています。

価格 【通常価格】3,960円/1.5㎏
総合評価
備考 麦系不使用/米を含む完全なグレインフリー/人口添加物不使用/イギリス産平飼いチキンがメイン
1㎏あたりの価格 麦系食材 穀物不使用
2,640円 不使用 米を含む穀物不使用
炭水化物の割合 酸化防止剤 着色料
19.21% ミックストコフェロール(ビタミンE) 不使用
保存料 香料 ライフステージ
不使用 不使用 全ライフステージ対応

カナガンキャットフードは小麦や穀物の代わりにサツマイモとジャガイモを使用しています。なのでグルテン不耐性の子や、穀物の消化が苦手な子におすすめのキャットフードと言えます。非常に栄養価が高いので子猫にも安心してあげられるグルテンフリーキャットフードです。

 

シンプリーキャットフード

サーモンベースのグルテンフリーキャットフード

シンプリーキャットフードはサーモンをメインにニシン・白身魚を使った魚ベースのキャットフードです。もちろんグルテン&グレインフリーなのでデリケートな体質の子も安心して食べられます。全体的に値段が高いグルテンフリーフードの中でも比較的安いので続けやすさもポイントです。

価格 【通常価格】3,960円/1.5㎏
総合評価
備考 麦系不使用/米を含む完全なグレインフリー/人口添加物不使用/サーモンがメイン
1㎏あたりの価格 麦系食材 穀物不使用
2,640円 不使用 米を含む穀物不使用
炭水化物の割合 酸化防止剤 着色料
25% ミックストコフェロール(ビタミンE) 不使用
保存料 香料 ライフステージ
不使用 不使用 全ライフステージ対応

シンプリーキャットフードは魚の使用量が全体の73%使用した贅沢な無添加キャットフードです。シンプリーはBRCという食品の安全衛生管理・品質管理規格で最高のAランクを取得した工場で作られています。世界でも普及しつつある規格で、安全性も高いフードと言えます。

 

オリジンキャットフード

値段を除けば理想的な無添加キャットフード

オリジンのキャットフードはチキンや七面鳥に限らずカレイやサバなど様々な動物性たんぱく源を全体の90%も使用した贅沢なキャットフードです。当然、小麦をはじめとする穀物も不使用です。値段が高いですが、続けられるのであればグルテンフリーを求める子におすすめできるキャットフードです。

価格 【通常価格】6,300円/1.8㎏
総合評価
備考 麦系不使用/米を含む完全なグレインフリー/人口添加物不使用/チキンがメイン
1㎏あたりの価格 麦系食材 穀物不使用
3,500円 不使用 米を含む穀物不使用
炭水化物の割合 酸化防止剤 着色料
19% ミックストコフェロール(ビタミンE) 不使用
保存料 香料 ライフステージ
不使用 不使用 全ライフステージ対応

オリジンキャットフードは炭水化物の割合が19%と低く、たんぱく質は40%・脂質が20%と非常に栄養価が高いキャットフードです。使用する食材は血糖値を上げにくい食材を使っているので、メタボで糖尿病が心配な子にもおすすめできるグルテンフリーキャットフードと言えます。

アカナキャットフード

5種の魚を使ったグルテンフリーキャットフード

アカナのキャットフードはニシンやイワシなど5種類の魚を使用したグルテン&グレインフリーキャットフードです。全体の75%に魚を使用しているので炭水化物の割合も22.5%と低く、体型維持にもおすすめのキャットフードです。定価が非常に高いのでいかに安い購入先を見つけるかがポイントになります。

価格 【通常価格】6,264円/1.8㎏
総合評価
備考 麦系不使用/米を含む完全なグレインフリー/人口添加物不使用/ニシン他5種の魚がメイン
1㎏あたりの価格 麦系食材 穀物不使用
3,480円 不使用 米を含む穀物不使用
炭水化物の割合 酸化防止剤 着色料
22.5% ビタミンEとローズマリー 不使用
保存料 香料 ライフステージ
不使用 不使用 全ライフステージ対応

アカナのパシフィカキャットは定価で購入すると1㎏辺り3,480円(送料別)とかなり高価です。340gの少量パックがあるので試しやすいですが、常食にするにはかなり金銭的負担が大きいです。上位のグルテンフリー商品はもう少し手軽な価格なので上位から試していくと良いでしょう。

 

グルテンフリーキャットフードで良くある質問

ここからはグルテンフリーのキャットフードを購入しようとしている方からよくある質問をまとめました。まだどのグルテンフリーフードを買うか迷っている方は参考にしてみて下さい。

 

グルテンフリーで「サンプル」や「お試し」ができるキャットフードを知りたい

メーカー名 容量(g) 価格 備考
オーブンベイクド トラディション※ 100 450円
オリジン 340 1,080円
アカナ 340 1,350円
アニモンダ 250 800円
NOW フレッシュ 454 1,400円
ブリタニア 100 800円 総合栄養食の記載なし
ピュアラックス 120×2 1,128円
アートゥー(AATU) 200 896円
レオナルド 300 970円
ニュートロ ナチュラルチョイス 500 1,260円
メリック 360 1,250円
ウェルネス コア 400 1,264円
ハロー 400 1,404円
ネイチャーズバラエティ 400 1,333円

※グレインフリーではない商品もあるので注意

残念ながら当サイトが調べた限りでは、グルテンフリーのキャットフードでサンプルは見つかりませんでした。なので、ここではお試しに向いた 500g以下のお試しサイズ があるグルテンフリーキャットフード(ドライフード)をご紹介します。

 

上記以外にも、ペットフードの通販サイトなどが独自にリパックしたものをサンプル・お試し品として低価格で販売しているケースもありますが、リパックの際に空気に触れており実際の商品とは食いつきが異なるケースがあるので注意してください。

 

グルテンフリーで安いキャットフードを知りたい

当サイトが調べた限りでは 「ニュートロ ナチュラルチョイス」のグレインフリーシリーズが最も安いグルテンフリーキャットフード です。ただし、ビートパルプを使用しているのでうんちが硬くなって血便になる子もいます。(軟便気味の子にはおすすめです)

 

また、たんぱく質や脂質においても特別栄養価が高いという訳ではありません。炭水化物の割合も26.5%と低めなのも良いです。ただ、灰分(ミネラル)が少し高いのが気になります。

 

グルテンフリーで国産のキャットフードを知りたい

メーカー名 備考
ねこはぐ 大麦・米を使用
日本のみのり 米を使用
シェフキャット 米・大麦を使用、「総合栄養食」の記載なし
ブリタニア 麦系&穀物不使用だが「総合栄養食」の記載なし

 

当サイトで調べた限りでは、国産でグルテンフリーに対応できるのは「ねこはぐ」か「日本のみのり」のみです。ただ、日本のみのりはたんぱく質が50%以上と、高たんぱくすぎてお腹がゆるくなる子もいるので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です